看護部理念

私たちは、“より良く生きる”を支える看護を提供いたします

基本方針

  1. 患者に信頼される安全で安心な看護を提供します
  2. 知識・技術・人格を磨き、自律し実践できる看護師を育成します
  3. 各医療チームと協働し、患者中心のチーム医療を推進します
  4. 看護・教育・研究を通して地域に貢献します
  5. 組織の一員として病院経営に参画します

看護部長のメッセージ

当院は養気軒の心“病む人の病のみならず心をも癒すことのできるところ”をモットーに、地域医療支援病院として地域への貢献、神経筋疾患の政策医療施設としての役割を担っています。また、地域包括ケア病棟を設置し、急性期から回復期、在宅を見据えたシームレスな医療・看護の提供に努めています。
「私たちは“よりよく生きる”を支える看護を提供致します」という看護部理念のもと、

  1. 患者に信頼される安全で安心な看護を提供します
  2. 知識・技術・人格を磨き、自律し実践できる看護師を育成します
  3. 各医療チームと協働し、患者中心のチーム医療を推進します
  4. 看護・教育・研究を通して地域に貢献します
  5. 組織の一員として病院経営に参画します

を基本方針としております。
看護部理念である、“よりよく生きる”を支える看護とは何かを、看護師ひとり一人が、しっかり考え、実践できる人材を育成していきます。その人らしく過ごせるよう、寄り添い、看護者が何かできることはないかを考えつづけ、そして行動につなげていく。これらのことを育んでいくことで、患者さんやご家族、地域住民の方々に、安全・安心な看護を提供できるよう、看護部一丸となって努力してまいります。
どうぞ、宜しくお願いします。

2020年4月 看護部長 白石 早苗