基本指針

医療安全は、医療の質に係る重要な課題です。また、安全な医療の提供は医療の質の基本となるものです。当院及び全職員が、医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要です。
この理念のもと、医療安全管理室を設置し医療安全管理体制を確立するとともに、病院内関係者との協議のもとに医療安全に関するマニュアルを作成しています。また、“ヒヤリハット事例”および“医療上のトラブル”の評価分析を行うことで、医療安全の強化充実を図っています。

管理体制

<委員会等>

  • 医療安全管理委員会:月1回開催
  • 医療安全推進部会・看護部医療安全推進部会:月1回開催
  • 医療安全部会:週1回開催

医療安全管理室の役割

  1. 医療安全に係る情報の管理
  2. 医療安全対策の立案及び実施とその評価
  3. 医療安全に関して、各部門との連絡及び調整
  4. 医療安全に係る研修の企画及び実施
  5. 医療事故発生時の対応
  6. 医療安全委員会の運営
  7. その他

活動状況

  1. インシデント報告等の収集・分析
  2. ヒヤリハット事例の分析ならびに改善案の提言・実施とその評価
    医療安全マニュアルの作成と見直し

  3. 院内各部署の巡回
  4. インシデント報告に関する情報収集・実態調査、マニュアル遵守の状況点検と指導

  5. 医療安全研修会の開催
  6. 医療安全のテーマで、全職員の医療安全に対する意識の向上を目的に、年2回以上実施

  7. 医療事故、急変事例検討会
  8. 院内への医療安全に関する情報の伝達