患者さんの権利について

患者さんの権利
  • 個人として常に、生命、身体、人格が尊重される権利があります。 (個人の尊厳)
  • 個人のプライバシーが守られる権利があります。
  • 良質の医療を平等に受け、「自分の病気について」「検査、治療内容、今後の見通し」など、受けている医療について十分に知る権利があります。
  • 自分が受ける医療に参加し十分な説明と情報提供を受けた後、治療方法など自らの意思で選択する権利があります。(自己決定権)
  • 自分の診療記録の開示 (記載内容の説明、閲覧、複写など) を求める権利や他の医療機関の医師の意見 (セカンドオピニオン)を求める権利があります。(検証権)
患者さんにお願いしたいこと
  • 主治医や病院職員と共に協力して、「病気を自ら治していこう」という意欲と努力が必要です。
  • 病院の規則を守り、他の患者さんの治療や病院職員の職務遂行に支障をきたさないような配慮をお願いします。