長崎川棚医療センターは、これまでよりよい医療を提供するヒューマンホスピタルを目指してきました。かかりつけ医師と当院医師とが一緒になって入院診療を行う、これまで以上に患者さんに優しい医療、安心できる医療、オープンな医療を提供することを目的として開放型病院制度を平成12年4月1日から取り入れています。

紹介及び入院

  1. 患者さんの当院受診に際して、かかりつけ医師は診療情報提供書を当院に送付します。
  2. 担当医師が入院治療の必要があると判断した場合は、紹介されたかかりつけ医師に連絡を取り、開放型病院共同指導の承諾を受けます。
  3. 患者さんの当院入院中は、かかりつけ医師は病院の主治医と一緒になって診察、検査、治療等の診療を担当します。

退院について

  1. 退院に際しては、かかりつけ医師は主治医と一緒になって退院時の説明を行います。
  2. 退院後は、治療方針に従ってかかりつけ医師が診療します。

これまでとの相違点

  1. かかりつけ医師が、当院入院中においても当院医師(主治医)と一緒に診療に従事します。患者さんにとって、かかりつけ医師と病院の主治医の連携による安心できるとぎれのない診療が受けられます。
  2. 入院中もこれまでのかかりつけ医師と患者さんの関係が維持され、病気のことについて医師に気軽に相談できます。
  3. かかりつけ医師も、病院の主治医と一緒に診療に従事することにより患者さんの病気について詳しく知ることになります。退院後のかかりつけ医師による診療がこれまで以上に円滑になり、よりよい医療の提供が可能になります。
  4. 登録医へは「長崎川棚医療センター開放型病院利用の手引き」をお届けし、登録医証と名札を発行します。また、病院情報、各種研修のご案内等をさせていただきます。