入院の手続きについて

  • 入院受付窓口にて所定の手続きをお願いいたします。
入院の手続きには次のものが必要です。

  1. 健康保険証
  2. (お持ちの方は)限度額認定証
  3. 印鑑
  4. 入院申込書・身元引受書兼診療費等支払保証書
下記の適用を申請している方、また適用を受けようとする方は、入院手続きの際に必ずお申し出ください。

  1. 医療扶助
  2. 特定疾患医療
  3. 小児慢性疾患医療
  4. 交通事故・労災等
  5. 公費負担医療受給者証
  6. 原爆医療の受給証

※健康保険証などの提示がない場合の診療費は保険扱いができずに全額自己負担となる場合があります。

※ご不明なことがありましたら、お気軽に入院受付窓口にご相談ください。

入院にあたり必要なもの

  • 入院にあたり準備していただく物は次のとおりです。物の持ち込みは最小限にお願いいたします。
日用品

1洗面・洗髪用具

歯ブラシ、石鹸、シャンプー、くし、髭剃り、洗面器、タオル等

2お食事の際に使用するもの

箸、スプーン、湯飲み等

3衣類・その他

下着、スリッパ、バスタオル、ティッシュペーパー、その他必要な物

※上記の日用品は病院内の売店(1F)でもお買い求めいただけます。

※個人の持ち物には必ずご記名をお願いいたします。

  • 入院中の寝衣はパジャマ等診療に差し支えのないものをご着用願います。なお当院にて寝具業者から有料で借用することも可能です。
  • 盗難防止のため、貴重品や必要以上の現金等はお持込にならないでください。
    病院では貴重品等は一切お預かりしておりませんので、セーフティボックスでの管理をお願いいたします。

入院中の過ごし方について

  • 入院中は療養に専念し、ご不明な点などありましたら、医師または看護師にお気軽にお尋ねください。
  • 外出・外泊を必要とする場合は「外出・外泊許可願」を事前に提出して主治医の許可を受けてください。
  • 当院は敷地内禁煙となっています。院内や敷地内での喫煙は出来ませんのでご理解とご協力をお願いいたします。
  • 入院中の飲酒は禁止です。
  • 消灯時間は22時となっています。
  • 電話の取次ぎは9時~22時までです。
  • 携帯電話は周囲の迷惑にならないようにご使用願います。使用を禁止している場所での使用はお控えください。
  • 携帯電話は病室内ではマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください。
  • テレビの使用は他の方のご迷惑にならないようイヤホンを必ずご使用ください。なお視聴時間は22時までです。
  • テレビのプリペイドカードは各病棟の自動販売機でお買い求めください。カードの清算は1F玄関ホールに清算機を設置しておりますのでご利用ください。
  • テレビのイヤホンは売店にてお買い求めください。
  • 医療機器の誤作動を招く恐れがありますので、院内でのワイヤレス機器の使用はご遠慮ください。
  • 入院中、医師や看護師等の指示や入院中の取り決めなどにご協力いただけない場合は、患者の皆様の意思に関わらず退院していただくことがあります。

入院中の看護について

当院は保険医療機関として承認を受けた基準で「看護」を行っております。
療養上の必要なお世話は当院の職員が行います。
ご家族の付き添いについては主治医が必要と判断した場合にのみ認めておりますので、事前に主治医あるいは病棟師長にご相談ください。

特別室のご案内

特別室は全て個室になっており、プライバシーに配慮しております。 特別室をご希望の方は職員にお申し出ください。

退院の手続き及び入院費のお支払いについて

  • 入院費のお支払いは退院当日です。退院日前日までに入院費の概算をお知らせいたします。
  • 月を跨いで継続してご入院されている方には翌月の10日過ぎに前月分の請求書をお届けいたします。
    期日までに入院窓口または最寄の銀行でのお支払いをお願いいたします。

※キャッシュカード・クレジットカードなどでのお支払いをお勧めいたします。

※入院中の診断書や入院証明書が必要な場合は、入院・外来窓口にお申し出ください。

その他

  • 療養上の都合により、ベッド・部屋の移動、あるいは病棟の移動などをお願いすることがあります。
  • 入退院時におけるお心遣い等はお断りしています。
  • 入院期間中の患者さんの病院内への自家用車の駐車はお断りしています。
  • 入院中は患者確認のためネームバンドを着けさせていただきます。ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 安全な環境作りを心がけておりますが、病院は住み慣れた家庭とは異なります。
    特にご高齢の方は転倒などにより「ケガ」や「骨折」等の深刻な事態を招く恐れがあります。
    また病状により穏やかでない状態になったり、安静を保てず治療に支障を来たし危険を伴う状況になる場合もあります。
    このような場合止むを得ず介護用具を使わせていただくことがあります。
    またご家族の方にもご協力をお願いする場合があります。ご理解のうえご了承願います。
  • 当院は教育研修の指定医療機関であり、研修医・看護学生・薬学部学生・リハビリ学生などが実習を行っています。ご理解とご協力をお願いいたします。
  • ドナーカード(臓器提供意思表示カード)をお持ちの方は入院時に医療スタッフにお申し出ください。

ご意見・ご相談窓口

当院では患者・ご家族の皆様の診療や安全面に対する不安や心配事、要望などに迅速に対応し、安心して治療を受けていただけるよう「患者相談窓口」を設置しております。
院内医療メディエーター、ソーシャルワーカー、看護師などで対応させていただきます。
治療や安全面に対する不安や不満などの気になる点、医療費の心配・福祉制度の利用などに関する相談、その他のご意見やご要望、ご相談などお気軽にご利用ください。

火災時の避難について

万一火災などの非常事態が発生した場合は職員が誘導いたしますので落ち着いて指示に従ってください。
また非常時はエレベーターを使用しないようお願いいたします。

付属施設について

  • 売店:(営業時間)平日8:00~19:00、土日8:00~18:00
  • 郵便ポスト:正面玄関の横に設置されています。切手等は売店にてお買い求めください。
  • 理髪室:(営業時間)平日9:00~16:00(土日祝祭日定休)

DPC(包括評価)について

当院は診断群分類による包括評価方式の対象病院です。
これは患者さんの病気の種類と診療内容によって分類された「診断群分類」に基づき、1日あたりの定額により計算します。
1日あたりの定額については、診断群分類(1,440種類)の区分毎に入院期間(1~3の段階に分けられる)に応じて定められています。
この費用には入院基本料、投薬、注射や検査、画像診断、処置などが含まれます。
ただし、手術、麻酔、リハビリ、退院時に処方される薬などは、別に従来と同じように「出来高払い方式」となり、包括(定額)部分と出来高部分の合算にて計算します。

【ご注意】

以下の患者さんについては、DPCによる包括評価の対象外となります。

  • 結核病棟、障害者病棟(筋ジストロフィー病棟)への入院
  • 保険適用外の診療(自賠責、労災、公務災害、治験等)
  • 長期間にわたる入院(診断群分類によって異なります)
  • 臓器移植(骨髄移植、心臓移植など)による入院
  • その他、病気や治療内容により、診断群分類に該当しない場合

※検査、画像診断、処置などにおいても一部出来高評価となることがあります。

※月をまたいだ入院の途中で病気の分類の変更等があった場合は、退院時に差額を調整させていただくことがあります。