患者さん・ご家族へ

当院では、診療看護師 (Japanese Nurse Practitioner; JNP)を配置しています。
診療看護師は、豊富な看護経験があり大学院修士課程に進み医学の知識と特定の医療行為の実践能力を身につけた看護師です。
医師の包括指示のもとで、検査申し込み、検査の評価、簡単な治療などを行います。
『医師と同じように患者さんと関わることができる』
看護師です。

また、患者さん・ご家族が安心して外来受診や入院療養生活が送れるよう、紹介患者さんの受付や入退院支援、医療・福祉制度や経済・心理・社会的問題等に関する様々なご相談を医療相談支援センターにて承っております。ご不明な点、ご不安な点等ございましたら、いつでもお気軽に医療相談支援センターにお声かけください。

JNPについて

外来受診について

かかりつけ医から当院への受診を勧められた場合は、かかりつけの医療機関から医療相談支援センターにご連絡いただき、外来受診の予約を行う体制を整えております。
患者さんには予約当日に来院していただき、外来受診がスムーズに受けられるよう支援を行います。

予定入院について

入院を予定している患者さんが入院生活や入院後にどのような治療過程を経るのかをイメージし、安心して入院し治療が受けられるように支援を行います。

在宅復帰、入所・転院支援

入院時より在宅療養に向けての課題を予測し、患者さんやご家族の相談に応じ、医療・介護や福祉サービス等の活用を促しながら在宅復帰への調整、支援を行っていきます。
また、在宅療養が困難な場合は状況に応じて転院や施設入所に向けた支援を行います。

心理的・社会的問題の解決、調整支援

患者さんは、病気や怪我による療養に伴って様々な問題や不安が発生することがあり、その問題が解決や軽減しなければ、入院前の生活に戻れない場合があります。
患者さんやご家族の相談に応じ、医師や看護師、他のコメディカルスタッフ、地域の機関と協力しながら問題の解決・調整などの支援を行います。

地域連携システムによる他医療機関との連携

長崎県医療連携ネットワークシステム(あじさいネット)に参加しており、同システムを利用して登録医療機関と密接な医療連携を行っております。登録患者さんの治療内容・検査結果などより多くの正確な情報を迅速に登録医療機関に提供することができます。

研究に関する患者さんへのお知らせ

臨床研究へのご協力のお願い

以下の研究の対象となる方で、臨床データ、試料の研究への利用を希望されない方は担当までご連絡ください。
なお、研究への協力をされない場合も、ご本人が本院で受けられる診療への不利益等の影響は一切ありません。

承認番号研究課題名研究対象オプトアウト
(説明資料)
長崎川棚医療センター倫理審査委員会
(2019/09/05承認)
No. 2019-02
当院における心不全リハビリテーション患者の特徴と、再入院に影響する因子の検討
(担当者/研究責任者 錦戸 正樹)
2018年4月1日~2019年3月31日の間に、心不全を原疾患として当院循環器内科に入院し、リハビリを実施された方 概要