「国立病院機構 診療情報集積基盤(NCDA)」運用開始のお知らせ

診療情報集積基盤(NCDA)とは

国立病院機構は、「電子カルテ情報の収集・分析について具体的な検討を進め、臨床研究等のIT基盤の充実を図る」ことを掲げ、SS-MIX2を用いた診療情報データベースを構築しています。
データの標準化に最大限取り組んだ2次利用可能なデータベース、それが国立病院機構診療情報集積基盤(NCDA:NHO Clinical Data Archives)です。
国立病院機構は、本基盤を医療の質・臨床研究及び臨床疫学研究・経営支援の各分野で活用することにより、日本の医療の向上に取り組んでいきます。