ICTとはInfection Control Team(インフェクションコントロールチーム)の略称で、院内で起こる様々な感染症から患者さんや職員の安全を守るために活動を行なう組織です。
医師、薬剤師、検査技師、看護師の4職種で活動しています。主な仕事は、感染症の予防、感染症の早期発見、感染症発見後の被害の拡大防止です。

ICT部会の役割

ICT部会は、院内感染対策活動を実践的に遂行していく組織です。週に1回定期的に院内ラウンドを行い、結果の報告や必要な感染対策について協議します。
また、抗菌薬使用状況の把握や耐性菌検出状況の確認、院内感染対策マニュアルの整備などを行います。
院内感染拡大防止に向けて、常に情報共有し、チーム医療を実践しています。
特に手洗いは感染対策の基本と言われており、手洗い指導を定期的に行っています。