ME機器管理室

ME機器管理室は臨床工学技士2名が所属し、主に病棟で使用する人工呼吸器や輸液ポンプ等の貸出・返却、保守点検を行います。また、臨床支援業務として、病棟・手術室に赴き、機器の操作や、使用中点検、機器関連のトラブル対応を行います。

業務内容

1 医療機器管理

病棟で使用される医療機器の中央管理 (貸出・返却・点検) をME機器管理室にて行います。
院内で実施可能な定期点検や、部品交換なども行います。

2 手術室業務

主に脳神経外科手術において、SEP (体性感覚誘発電位)、MEP (運動誘発電位)、ABR (聴性脳幹反応)、AMR (異常筋反応) などの術中神経モニタリングやDBS・SCSの手術におけるモニタリング機器の操作、刺激調整を行います。

3 血液浄化業務

ICUまたは各病室にて、単純血漿交換、免疫吸着、持続的血液濾過透析、エンドトキシン吸着、腹水濾過濃縮再静注法などを行います。

4 人工呼吸器管理業務

設定確認、呼吸回路や機器の異常の有無の確認、調査を行います。マスクによる人工呼吸器では患者さんに適合したマスクの提案をします。

5 ペースメーカー関連業務

植込み・交換時の立会い (プログラマー操作など)、外来のフォローアップを行います。

6 その他

職員を対象にした勉強会の実施、機器の安全使用のための情報収集・マニュアル作成などを行います。

認定・資格等

  • 臨床ME専門認定士
  • 第1種ME技術者
  • 第2種ME技術者
  • 日本アフェレシス学会認定技士
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 医療機器情報コミュニケーター
  • BLS (Healthcare Provider)